看護師としての転職活動をしている人が、インターネットの相談コーナーで質問者と回答者が地名だけを変えて同じ質問と回答を繰り返しているのを見ました。転職サイトを強くすすめているところから見て同一人物によるサクラではないかと思いますが、派手な転職サイトの乱立を見るにつけ人材不足の看護師といえども転職はそう簡単なものではないのだと思いました。
従って転職活動は転職サイトだけに任せるのではなく転職サイトも含めて、ハローワーク、看護協会、就職情報誌、新聞などいろいろな職業紹介機関のバランスを考えて地道に活動するのが王道だと言えるでしょう。週刊の就職情報誌は転職サイトより新鮮な情報が入手できると聞いたことがあります。転職サイトの求人は更新もせずに出したままなのに比べ情報誌は週ごとに新しい求人情報が掲載されます。
以上の点を考慮して応募書類は毎日出して書類選考通過の可能性を多くすること、面接の予定を必ず毎日入れるよう努力すること、、納得の行かない応募先は内定が出ても断ること、内定が出ても入社日まで応募活動を続けることなどを実行すればおのずから道は開けるように思います。パートや臨時採用から進めると言うやり方から始めてみるのも良いでしょう。パートとして勤務しながら正規雇用の採用に応募を続ける方法や勤務先でパートから正規雇用の道を探るとか可能性はいろいろあります。